« Cortina D’ampezzo vol.2 | Main | くろうたどり »

Venerdì, 8 Marzo, 2013

春のあしおと

passidiprimavera0308201301 
気がつけばもう3月、ローマも随分暖かくなりました。
私は冬があまり好きじゃないので、春が来るのがすごくうれしいです。春になったらお花もいっぱいさくし♪
イタリアで春を告げる花といえばmargherita(マルゲリータ)。私はイタリア各地を転々としていますが、その土地土地で見かける花も違います。でも、マルゲリータは花の開花時期のずれはあるものの、北から南、どこでもよくみかけます。ごく普通の小さい、雑草のような植物ですが、とってもかわいいです。

2月中旬ごろからかな?マルゲリータの花を見かけるようになりました。
北イタリアではどうでしょう?まだ早いかな?
シチリアではマルゲリータはもちろん、いろんな花が咲き乱れているんだろうな……

先日、マルゲリータ咲いているかなと?訪れたのはボルゲーゼ公園。

落ち葉がいっぱい残ってました。

passidiprimavera0308201302
公園の芝生、この日は天気がよくて、日差しがとってもきれかったです。

passidiprimavera0308201303
マルゲリータもいっぱい咲いていました。

passidiprimavera0308201304
passidiprimavera0308201305
passidiprimavera0308201306
もうひとつ、春を告げる花といえばミモザ。
この花も大好きです。あちらこちらで咲いているを見かけるんですけど、なかなか撮影しやすい場所に咲いているものがなくて(もちろん、私の腕の問題のほうが大きいのですが)、あんまり気に入った写真は撮れなかったのですが、季節ものなので、載せちゃいました。

passidiprimavera0308201307 
passidiprimavera0308201308

Categories [ローマ]

comments.gif

春だ!(*⌒ー⌒)
ミモザだ!(^□^)
ピザは、マルゲリータが好きだ!(*゚с゚*)
はじめて、知りました。食べないよね〜やっぱり(゚д゚ノ)ノ
 ついでに、パスタは、ペペロンチーノが一番だ!( ̄~ ̄)Ψ
では、また

きじむなさん♪
春ですよ!!日々暖かくなってきて、うれしいです。
私もマルゲリータ(ピザのね)ですきですよ。よく食べます。

<はじめて、知りました。>というのは???

パスタに関しては、私的にはペペロンチーノは一番じゃないです。たまには食べますが……
最近はローマらしく、カッチョ・エ・ペペ(チーズとこしょう という意味で、その名のとおりそれだけであえたパスたです。)やアマトリチャーナを好んで食べております。

いやぁ春ですねぇ。
私も鼻水と目のかゆみで実感しております(花粉症的な意味で)。

マルゲリータ、ピザの名前でしか知らなかったのですが花があるんですね。
かわいい花ですね^^

ミモザも見事な黄色できれいですね!

↑すみません名前書き忘れました(汗)

砂利です(^^;)

こんにちは

ご無沙汰しています。日本もイタリアもすっかり春ですねぇ。
近所のミモザが咲きはじめたのを見て、ふとtomoconeさんを思い出しました。
そしたら素敵な春の写真♪
嬉しくなりました。

砂利さん♪
砂利さん、花粉症なんですか?
でしたら、この時期おつらいでしょうね。
マルゲリータは花の名前ですが、あと女性の名前にもよく使われまうs。(英語だとマーガレットです。)ピザのマルゲリータはマルゲリータ王妃のお気に入りだったことがその名になったそうですよ。
ミモザはもっと別の感じでとりたいのですが、なかなかうまくいかないです。

miwaさん♪
お久しぶりです。
ミモザで私のことを思い出していただいたなんて、すごくうれしいです。実は、私もミモザの花を見てmiwaさん思い出していました。
今年もmiwaさんにイタリアのミモザの写真、お届けしたいなと思って、もう何回か写真撮っているんですけど、どれもいまいちで……でも、季節ものなので、とりあえずブログにのせてみました。

miwaさんは花粉症だいじょうぶdすか?

tomocone さん、こんにちは!

マルゲリータが、開花時期をずらして国中で咲くのは、日本の桜前線みたいで楽しいですね。
すごく小さい花のようですが、とても可愛くて素敵です。

===
旅行の続きですが、次の日の昼ごろにはイタリアを出てしまい、あまり書くことはありません。

朝、メストレから新幹線に乗り(ベネチアSL駅に停まらない列車なので、メストレ泊で助かりました)、定刻にミラノへ(10時50分)。
15分の乗継時間で、チューリッヒ行きに乗る予定でしたが、遅れのため、掲示板辺りはすごい人ごみでした。
20分ほどして、ようやくホーム番号が表示され、何とか乗ることが出来、ほっとしました。

この日、宿泊するアイロロへは、この列車に乗っていれば行けるのですが、翌日に乗るベルギーまでの切符を買っておくため、国境駅のキアッソで降りました(アイロロは小さい駅のようなので買えるか不安だったので)(因みに、京都には、この『キアッソ』という名前のイタリア料理屋さんがあります。スイスの町なので、命名の由来が気になります)。

以前、ここの国境検問は緩くて、かばんを見せても、早く行け、みたいにしてパスポートも見てくれなかったのに、シェンゲン条約が発動している今回は、ホームにいっぱい居る警官のひとりに呼び止められ、昨日のスーパーの大袋の中身やパスポートをチェックされました。条約後に厳しくなるなんて、何か反対みたいでおもしろいですね。

取り敢えず、(ホームの階段の途中で)入国完了し、イタリア旅行は終わりました。

その後は、ここのスイス国鉄の切符売り場で、スイス・フランス・ベルギー国鉄の切符を買い、次の列車でアイロロまで行き一泊。
翌日は、ベルギ-南部のリブラモンで一泊。その次の日は、ベルギーの動物公園(森の中をバスで移動する)に寄った後、フランスのリールで一泊。次の日は、TGVで直接、シャルル・ド・ゴール空港へ行き、飛行機に乗りました。

旅行の報告、長々とお付き合い頂き、有難うございました。

これからも、イタリアの情報を求めて、立ち寄らせて頂きます。
また、教えて頂いたローマ情報の活用結果なども、報告させて頂きます。

buonasera
おげんきそうでなによりです。
はるですね。 でもヨーロッパでは雪がいっぱいということですが。 ところによりますね。
どうして みしよかというとねそれはあの
イタリアでは miciyoはみちよと発音するでしょ。だからこの方がいいかなと思ったの。
ニュージーランドとても良かった。多くの人々にであったことがいつものようにうれしいこと。景色もすばらしい。メルボルンでは結婚式でした。またね。

takeさん♪
お返事がおそくなってしましごめんなさい。

イタリアのあと、短期間でいろんな国をまわられたんですね。
国境の検問のお話、おもしろいですね。シェンゲン後の厳しいって不思議ですね。

ミラノ発のチューリヒ行きの列車遅れていたんですね。私も以前、ミラノからバーゼルに行ったときの列車がミラノの出発の時点で大幅に遅れ、乗り継ぎ等で大変な目にあったことがあります。本当に何とかしてほしいですよね。

あと出発ホームが掲示板に表示されるのがとても遅いのも……どこでもそうです。遅れていなくても、なかなか表示してくれません。一応、時刻表には予定ホームが書いてあるのですが、変更等あるので、掲示板に表示されるまでは心配なんですけど、これが本当に遅くて。これも不思議です。

また、春のイタリア旅行のお話きかせてくださいね。

miciyoさん♪
こんにちわ。
このブログを書いたときはもうすぐ春って感じでしたが、今はすっかり春です。お店にも春の野菜が入ってきて、楽しいですよ。(春の野菜好きなんです。)
でも、ここ最近雨つづきで、すっきりしない天気が続いていますけど。
ニュージランドに行かれてたんですね。オーストラリアとはまた違った感じなんでしょうか?南半球はいった事がないので、興味あります。

postacomment.gif

about.gif

tomocone.gif

スローな国、イタリアからtomoconeが料理のこと、暮らしのこと、街のことなどなど気まぐれに綴っています。おいしい食材、料理を求めてイタリア各地を放浪。時にはフランス、スロベニアなどの近くの国へも。北イタリア、シチリアを経て、現在は永遠の都ローマで暮らしていますread more......

Totale:
Oggi:

photo.gif

かたつむりの国だよりにアップした写真がすべて見れるPhotogalleryはこちら↓↓↓
photogallery-banner.gif

whereis.gif


より大きな地図で roma を表示

whattimeisit.gif

Japan(GMT +09:00)
Italy(GMT +02:00)

favorite.gif

Le Creuset ソースパン 18cm オレンジ
Le Creuset ソースパン 18cm オレンジ

大好きなルクルーゼのソースパン。キッチンにあるだけで楽しい気分になります。このソースパンでご飯を炊くととってもおいしいです。
Movable Type3.3でつくる!最強のブログサイト
Movable Type3.3でつくる!最強のブログサイト

このブログをデザインするのに参考にした本です。この本のおかげでwebの知識がなくても何とかデザインできました。
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今

州ごとにイタリア料理を紹介している本です。イタリアの地方料理がよくわかります。私はイタリアにこの本を持っていっています。
       
tabtop.gif