« Mimosa ミモザの季節 | Main | Cassata alla modecana »

Mercoledì, 28 Marzo, 2012

Villa Borghese

03282012amolo01  
春の花といえばやっぱり桜。
ミモザの次は桜の写真、ローマもそろそろ桜が咲いてるかなとボルゲーゼ公園に行ってみました。淡いピンク色の桜がいっぱいと!!喜んで撮影していたのですが……

Siamo in primavera.
In giappone il fiore di ciliegie è importantissimo.
Sono andata alla Villa borghese.Ne ho trovato tanti,ero contenta,ho fatto tanti foto,ma……

何か桜の花と違う様子。
桜もいろいろ種類があるからと思いながらも……やっぱり何か違う。
でも、花の種類はともかく、とてもかわいい花です。普通の桜で言えば、葉桜ですが、葉桜も結構好きです。

Erano poco diversi da qunanto pensavo.
Ma pensavo che ci fossero tanti tipi dei ciliegi.
Però……sembravano diversi.
 03282012amolo02 
春の森。春風が吹いて、淡いピンクの花びらがゆらゆら舞ってとてもきれい。
芝生の上でのお昼寝は幸せの時間。
Ho dormito sulla erbe,un momento felice.

03282012amolo03
03282012amolo04
春を告げる花マルゲリータと芝生に落ちた花びら。

03282012amolo05 
03282012amolo06
03282012amolo07 
花のアップ。一般的に桜の花は花びらの先が割れているのですが、これは割れていません。でも、梅じゃないし、桃でもないし、南イタリアでよく見るアーモンドでもない様子。
この花は何の花なのかな?

Che nome è questo fiore?
Non è un fiore di ciliegie, non è un fiore di mandrla.

03282012amolo08

おそらくイタリア語でPrunus cerasifera もしくは Amolo、日本語で紅葉李(ベニバスモモ)、英語でcherry plum(チェリープラム)かなと?でも、ネットで調べただけなので確信はないです。桜の仲間は見分けが難しいですね。
スモモということは、初夏になったら実をつけるのかな?そこの頃にまた行ってみることにしよう。
この花の名前知ってらっしゃる方がいましたら教えてくださいね。

Penso che questo sia Prunus cerasifera(o Amolo).
Ma non sono sicura.
Chi conosce questo fiore?
Mi dica per favore!!

Categories [ローマ]

comments.gif

私も春の花といったら桜です^^
花びらが舞う様子綺麗ですよね。
満開なのもいいけど、私は桜は散り際が一番好きです。

種類はともかく、花びらがまん丸で可愛い花ですね!
私も名前知りたいです。

次回も楽しみにしていますね!

砂利さん♪
花びらが舞うの私も大好きです。この日も風が吹いて何度も花びらが舞いました。写真に収めたかったけど、なかなかうまく取れませんでした。

お花は似たようなものがいろいろあって、名前を確認するのは難しいですよね。この花の名前、私も気になっています。


tomocone さん、こんにちは!
無事にイタリアへ行って、無事に日本へ帰ってきました。

ローマの桜(のような花々)、きれいですね。私も、ローマでは目に入らなかった(地下鉄と脚で移動に専念していたので)のですが、旅の途中で度々、桜のような花を見かけました。
今回ではありませんが、アンドラ公国の川沿いの桜並木が素晴らしかったことを思い出します。

今回の旅行は、今までで一番、ハプニングに見舞われ、また今までで一番、楽しかった旅でした。
イタリアならではのことも(現地では常識?)ありすぎました。

ローマでは子どもが疲れてしまいヴァチカンだけ行けませんでしたが、他の3つの大聖堂に行くことができました。魚のクスクスは(トラーパニでではないけれど)食べられたし、そして何よりもノヴァゴリツァに行くことができました。

ノヴァゴリツァも、ガイドブックだけなら、ゴリツィアからバスで着いて、またバスで戻るだけ(行っただけ)のことだったと思いますが、お勧めのサイクリングロードは本当に素敵でした。
すごく有意義な時間になって、本当に感謝の言葉が思いつかないくらいです。

また、旅行の報告と、変なことへのアドバイスをお願いする書き込みをさせていただくと思いますが、その際は、お時間のある範囲で、ご対応を頂きたく、よろしくお願いいたします。

Grazie !

takeさん♪
もうイタリア旅行から帰られたんですね。おつかれさまです。
旅行中どんなハプニングにあわれたのでしょうか?とてもきになります。

ノヴァゴリツィのサイクリングコースいかれたんですね!!メジャーな場所じゃないですが、あそこの道おもしろいですねよ。
楽しんでいただけたようでこちらもうれしいです。

イタリア旅行、目的も果たされたようで、そして何よりとても楽しまれたみたいでよかったですね。

旅のお話ぜひ教えてください。ハプニングとかイタリアならではの出来事?とても興味あります。

いつでもいらしてくださいね。


tomocone さん、こんにちは。返信ありがとうございます。
書きたいことが多すぎるので、書きながら多くなったあたりで止めて、続きを次回に書かせていただきたいと思います。

まずハプニングについて。
その中で、まず『座席』について、軽い物→重い物の順に書かせていただきます。

(軽量級)
乗継空港からローマ行きに乗り換えると雰囲気が明るくなるのは、どの航空会社も共通しているところですね。
明るい、軽い感じで席へ向かうと(窓から順にABCで我々はBC)ABに既に座っていました。私が話しかける前に、Bさんが近くに来たCA(キャビンアテンダント。ややこしい書き方ですね)さんに話し始め、どうやら席の交渉をしているようでした。CAさんに断られたBさんが別の席に戻り、我々はやっと座れました。
ABは他数人とグループでAだけ離れていたようです。後で、Aの席にBさんが来てチェンジしていました。
まあ、これくらいは日本以外ならどこでもありそうなことですね。

(中量級)
ローマ→シチリアへ向かう寝台列車(4人部屋)に乗りました。子どもはローマ廻りで疲れて既に駅の中二階のテーブルに突っ伏して寝ているところを起こして連れて来ました。早く寝かせたいところです。
しかし、部屋には3人組(雰囲気はアフリカ系アラブ系の迫力ある体型の女性達)が陣取っていて、番号を聞くと、どう見ても隣の部屋なのに自分たちが正しいと言い張って退いてくれません。
その内、イタリア人(我々と同じくこの部屋切符を持っている人)が来て3人と話し始めましたが、3人は相変わらず退こうとしません。
子どもは廊下の壁に寄りかかって倒れかけています。
そして、そのまま発車して10分、車掌が回ってきて、やっと3人は隣の空き部屋へ移動を始めましたが、1人がなかなか動かないし、ある一人は裸足でペタペタ普通に歩いているし、本当に無茶苦茶でした。
結局、通算すると30分以上、立っていたことになりました。子どもは、歯磨きもせずに倒れこんで寝てしまいました。

(重量級)
パレルモ→ローマの昼の列車の指定席は6号車でした。1号車・2号車と順番に数えながらホームを歩いていくと、5の次が7になっていました。席が無いことは(イタリアならば)有り得ると思っていましたが、車両が丸ごと無い事態は、私の想定を遥かに超えていました。
駅員か車掌か分かりませんが、制服の人に言うと、もう1人に相談に行って、「7号車に乗れ」とのこと。そして、当然のように、私の(6号車の)座席番号には7号車の座席番号の人がいました。
事情を話して、6人部屋の空席に座って、あとは人が乗ってくるたびに席番号を聞いて事情を話して、という状態でしたが、何とかローマに着くまでは、その部屋で座っていることが出来ました。
私の想像ですが、席の売れ具合が、6号車が数人だったから『外しちゃえ』になったのかな、と思います。つまり、数人には、空いてる席を探させればよいと。検札の車掌も全然戸惑っていなかったし。

追)ローマ行きは、途中、30分以上、遅れました。ローマで乗り継ぐ寝台(トリエステ行)の乗継時間は65分。すごく焦りました(最終的には15分遅れでした)。

今となっては楽しい思い出ですが、これらは、イタリア(ヨーロッパ)では当たり前のことでしょうか?

それから、『言う』とか『話す』と書いているところですが、私の英語は un poco で、イタリア語は poco ですので、実際はゼスチャーや単語の羅列ばっかりです。

すみません。すごく長くなってしまいました。
また、次の機会に、他の事を書かせていただきます。

takeさん♪
旅のハプニングいっぱい書いてくださってありがとうございます!!
イタリアの交通機関にトラブルはつきものとはいえ旅の間にこんなにトラブルに遭遇されていたとは……おつかれさまです。

軽量級、中量級はありそうといえばありそうですが、迷惑ですよね。特に中量級のトラブルでは30分以上も座れなかったなんて、お子様もかわそうでしたね。

そして重量級、車両がないとは!!私は今まで体験したこ覚えはないですね。これはびっくり、旅行中だったら乗る列車を間違えたのかと思っちゃいそうです。
せっかく指定席を買っているのに人が乗ってくる都度事情を話してだなんて落ち着きませんよね。

これらのトラブルがイタリアでは当たり前かどうか?うーんどうでしょうか?
軽量級、中量級は当たり前かどうかはともかくこういうことはたまにはあるのかな?でも、たいていのひとはちゃんと指定の場所に座っているし、間違っていたらすぐ代わってくれると思います。

重量級は私は経験したことはないですが、こういうことがあってもそう不思議ではないというか、まああるかもという感じです。イタリアの交通機関はいい加減な感じなので。

そして、列車の遅れは日常茶飯事です。

旅の最中はとても大変でしょうが、いい思い出として感じていかないとどうしうもないとかいうか……わたしもそんな思い出がいっぱいありますよ。

でも、本当におつかれさまでした。また、トラブル以外の旅のお話も教えてくださいね。

Tomocone さん、アドバイスありがとうございます。
イタリアでは『不思議でない』ということ、成る程と思います。全て、そうですよね!

重量級についてですが、この列車、前日午後までパレルモから乗るかチェファルから乗るか迷っていました。パレルモは5年前に半日滞在、しかしチェファルは行ったことが無く興味は大有り(切符は空港で、どちらでも乗れるようにパレルモ発で買っていました)。
結局、子どもが5年前に泊まったホテル(5階建てビルの2・3階を使った安ホテル)に再度泊まりたい、とのことで『パレルモ』発を決めました。
結果として、これが正解だったと思います。おそらくチェファルからだと、入ってきた列車に6号車が無くて焦っている内に出てしまっていたかもしれません。そう思うと恐ろしくなるとともに、パレルモ発にした幸運に感謝しています。

今回の旅行では、ある『1つ』を除いて、全て思っていたことが出来(思っていたところへ行け)ましたので、全部楽しい思い出です。車両が無いことも、とても珍しいことのようなので、今はとてもうれしいです。

===
さて、ローマについて書かせていただきます。
昼ごろフィウミチーノ空港に着き、直ぐに空港の国鉄駅に行って、『空港→オスティエンセ』『ローマ→パレルモ』『パレルモ→ローマ→モンファルコーネ→ゴリツィア』の切符を買いました。
日本で調べたATACの料金では子どもの年齢はギリギリ有料だったのに、国鉄はローマまで無料(もちろん長距離路線は有料=約半額)と言われ、同じ扱いと思っていたので少し驚きました。

過去2回はレオナルドEXPでしたが、今回は各停にしてみました。でも、とても早くローマに着いたので、今後はレオには乗らない、と思います。
国鉄オスティエンセから地下鉄ピラミデ駅への移動も、地下道で結ばれていたので直ぐに分かりました。徒歩約5分も地下道なので(信号も無く)快適でしたが、両端の動く歩道が止まったまま(テープで立入禁止にしている)で道を狭くしているだけなのが、またイタリアらしいと思いました。

この日は土曜日だったのですが、ピラミデ駅は駅員不在・タバッキ休みで切符の自販機のみ。クレジットが使えるのか?紙幣は使えるのか?子どもは有料か無料か? と分からないことばかりで、取り敢えずBIG(1日券)を入力して説明を読んでいました。しかし、よく分かりません。その内、地元お年寄り男性が来て、(自販機が2台あるのに)私が操作中の機械に勝手に€1を入れました。機械は€4の請求(BIG)なので当然切符は出てきません。男性はぶつぶつ言いながらボタンを押し続けるので、私は隣の機械へ行って、また同じことをしていました。すると男性も、また横から同じことをしてきて、また押し続けていました。私は再度、元の機械へ行って、直ぐにBIGを1枚だけ硬貨で買いました。
その後、しばらく駅員を探しましたが居ないので、子ども連れの人が、改札ではなく仕切りみたいなところを勝手に開けて入っていったので、取り敢えず同じことをして地下鉄に乗りました。
(このお年寄り男性のことも、日本ならば腹の立つところですが、イタリアだなあと半分苦笑でやり過ごすことができました)

最初に向かったのは、郊外へ2駅のサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂。今度は改札を子どもと一緒に出るのは、と迷っていたら駅員(ここは居ました)が広いところを指し示してくれて、外に出ました(子供のことは何も言われなかった)。
大聖堂は、外見よりも中の大きさ・荘厳さに圧倒されました。異教徒(邪教徒)の私でさえ感動しました。ちょうど小編成の管弦楽と合唱が演奏中だったのですが、特に金管楽器の荒削りながらも心に響く音色がすごく、聞き入ってしまいました。

子どもにとっては、初めての(国としての)バチカン市国の体験となりました(有名なヴァチカンの場所では無いですが)。もっとも、こんなことを考えるのは、外国が珍しい島国の人間だけかもしれません。
この後、バジリカ・サン・パオロ駅へ戻り、駅員さんに私のBIGと子どもを交互に指差して聞いてみましたが、不要、とのゼスチャーを返してくれたので、安心して改札を通りました。(但し、何歳に見えたのかは分からないので、これからローマへ行かれる方の参考にはなりません)

すごく長くなってごめんなさい。ローマの続きは今度書かせていただきます。
それから、Tomocone さん、及び常連様。長い文章の連続投稿で、うざいかもしれませんね。
荒らし、のつもりは決してございませんので、どうかご容赦ください。よろしくお願いいたします。

takeさん♪
荒らしだなんて思っていませんよ、ご心配なさらないでください。
指定席があるはずの車両がまるごとないなんて、やっぱりびっくりだと思いますよ。ただ、日本だと本当にありえない、あったとしても説明があると思いますが、イタリアだったら今回のようなこともありえるかな?って感じです。

ローマでも大変でしたね。わたしもレオナルドEXP何回か使ったことがありますが、値段が高いこともあって、最近はバスを使っています。

自販機のトラブルも多いですね。おつりが出てこないとか、お金を入れたのに切符がでてこないとか。
大きな駅だと、自販機の使い方を勝手に説明してくれてお金を要求してくる人とか。いろいろですね。

サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖は行ったこありません。私も一度行ってみたいです。

はじめまして。
ベニバスモモ(ベニスモモ)で間違いないと思います。昔その手の仕事をしてましたから。

ところで、tomoconeさんはローマのどちらのお店で働いていらっしゃるんですか?ブログのどこかに書かれてたらすいません。
実は僕も去年の10月からローマの日本料理店で働いていまして、今ビザを取るために大阪に帰って来ています。大阪の領事館の受付の人が厳しいと聞いていたので何か情報がないかなとネットで検索してたら、tomoconeさんのブログに辿り着きました。明日申請に行くので不安は尽きませんでしたが、ブログを読んでちょっと安心しました。ペルメッソの事も詳しく書かれてて、面白く読ませて頂きました。
無事にビザが取れたら2月3日にローマに帰ります。

それでは、失礼します。

atelierariettaさん♪
はじめまして。ブログへのコメントありがとうございます。

お花の名前、ベニバスモモなんですね。ずっと気になっていたもので、はっきりしてうれしいです。

ところで、私は今はマジェスティックホテルの中にあるレストランで働いています。

ヴィザ無事に発行されるといいですね。私も大阪の領事館でヴィザ発行してもらいましたが、かなり前のことです。当時も今も厳しいという評判は変わってないんですね。

無事ローマに戻ってきてくださいね。

こんばんは。先日コメントさせて頂きましたatelierariettaです。

tomoconeさんはマジェスティックホテルの中のレストランで働いていらっしゃるんですね。

私事ですが、大阪で無事に労働ビザが取れ、先日ローマに帰って来ました。最初書類の不備とかで申請書を受け取ってもらえず、どうなることかと思いましたがなんとかギリギリでビザを出してもらえました。この次のペルメッソも無事に取れることを祈ってるところです。

ローマもだいぶ日が長くなって日中は結構暖かくなってきましたね。同僚に花粉症がもう発症した人がいますが、tomoconeさんは大丈夫でしょうか。

それでは、失礼します。体に気を付けて頑張って下さい。

atelierariettaさん♪
ヴィザ無事に発行されたようでよかったですね。ペルメッソも無事発行されるといいですね。(という私もペルメッソの手続き中です。本当にのんびりしていいて……いつになることやらです。)

ところで、atelierariettaさんは日本料理店で働かれているとのことですが、板前さんですか?もしよかったらどこのお店か教えてもらえませんか?今度食べにいきたいです。

ローマ、随分暖かくなりましたよね。幸いなことに私は花粉症になったことはないです。発症したら、大変ですよね。なりたくないです……。

こんばんは。最近天気がイマイチですね。休みの日が雨だと大ショックです...。

僕の方は、キットを申し込みして3月20日にペルメッソのオフィスに行くことになっています。だぶんそこで指紋を取るのかな?

ところで、僕は Piazza Cavour の近くの Ristorante Taki というところで寿司を作っています。値段はちょっと高めですけどもしよかったらいらして下さい。ラツィオの選手とかもよく来ますよ。日曜は夜だけの営業です。なので今日は夜更かししてます・・・。ちなみに僕は水曜日が休みです。

http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g187791-d1554226-Reviews-Taki_Sushi-Rome_Lazio.html

またローマのこととかイタリアのこととか色々教えて下さい。ブログも楽しみにしています。それでは、Buona notte~

atelierariettaさん♪
こんにちわ。本当に最近雨が多いですね。私も仕事の日はともかく、お休みの日は晴れていてほしいです。

atelierariettaさん、Ristorante Taki で働かれているんですね。いったことはないのですが、お店の名前は知っています。家も近いし、今度おうかがいします。おいしいお寿司たべたいな~。楽しみです。

tomoconeさん
こんばんは。お待ちしてますね~ご期待に沿えればいいんですけど。

ところで、うちの店のお近くに住んでらっしゃるんですね。Piazza CavourからVia Cola di Rienzo(レパントの方です)に向かうVia Ciceroneの真ん中ぐらいから西に伸びるVia Ennio Quirino Viscontiという通りに(ややこしくてすいません)、ベニスモモの並木があります。もう結構咲いてましたね。白い花の木もあって桜かと思ったんですけどどうも違ってるっぽくて、そっちは普通のスモモの木かなと思いました。

postacomment.gif

about.gif

tomocone.gif

スローな国、イタリアからtomoconeが料理のこと、暮らしのこと、街のことなどなど気まぐれに綴っています。おいしい食材、料理を求めてイタリア各地を放浪。時にはフランス、スロベニアなどの近くの国へも。北イタリア、シチリアを経て、現在は永遠の都ローマで暮らしていますread more......

Totale:
Oggi:

photo.gif

かたつむりの国だよりにアップした写真がすべて見れるPhotogalleryはこちら↓↓↓
photogallery-banner.gif

whereis.gif


より大きな地図で roma を表示

whattimeisit.gif

Japan(GMT +09:00)
Italy(GMT +02:00)

favorite.gif

Le Creuset ソースパン 18cm オレンジ
Le Creuset ソースパン 18cm オレンジ

大好きなルクルーゼのソースパン。キッチンにあるだけで楽しい気分になります。このソースパンでご飯を炊くととってもおいしいです。
Movable Type3.3でつくる!最強のブログサイト
Movable Type3.3でつくる!最強のブログサイト

このブログをデザインするのに参考にした本です。この本のおかげでwebの知識がなくても何とかデザインできました。
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今

州ごとにイタリア料理を紹介している本です。イタリアの地方料理がよくわかります。私はイタリアにこの本を持っていっています。
       
tabtop.gif