« Modica di notte ~夜のモディカ~ | Main | モディカの路地裏 »

Mercoledì, 8 Settembre, 2010

シチリアの朝食


100907granita01
シチリアに来て、びっくりしたのがグラニータのおいしさ。本当においしくて、よく食べています。
写真はモディカチョコレートのグラニータです。

グラニータは、簡単に言うならイタリア風カキ氷。
コーヒーやレモン(代表的な味)などのシロップを凍らして、それを砕いたもの。氷はそれほど、シャキシャキしていなくて、溶けかけのカキ氷のような感じです。

シチリア生まれのデザートですが、いまではイタリア全土で食べることができます。
初夏になると、バールやジェラッテリアにはグラニータマシーンが登場。透明の大きな機械の中でグラニータがぐるぐる回っています。お店ではシロップが完全に凍らないようにマシーンの中でぐるぐる回しています。

普通はプラスチックのコップに入れて、太めのストローを添えて出されます。 暑い夏にはジェラートより、さっぱりとしたグラニータがおいしくて、よく食べていました。

これまでもグラニータ、好きだったのですが……
シチリアのグラニータをはじめて食べたとき、「今まで食べてきたグラニータは何?」と思ってしまいました。シチリアのグラニータ、ちょっと普通のグラニータと違います。そして、格別においしい!!

何が違うかって、とにかく味が濃厚。
よくある普通のグラニータは甘い味のついた氷を食べるという感じがするのですが、シチリアのグラニータはもっと素材そのもの味が濃厚で、素材そのものが凍ったものを食べているような、ゆるいシャーベットを食べているような感じがします。 氷の粒は滑らかだけど、シャキシャキ感も残っていています。
サービスの仕方も違っていて、バールで座って食べる場合、ガラスの容器に入れて、スプーンを添えてサービスしてくれます。(テイクアウトの場合はプラッチクの容器にストローを添えてくれます。)
店内にはグラニータマシーンはなく、グラニータはジェラートと同じスンテレスの容器に入れてあり、お店の人が時々混ぜています。

代表的な味はコーヒーとレモンですが、どこのお店もいろいろな味のグラニータを用意しています。アーモンド、トーストしたアーモンド、ピスタッキオ、メロン、スイカ、みかん、オレンジ、チョコレート、etc……いくつか食べましたが、どれも素材の風味が濃厚で本当においしい。中でも、今私のお気に入りはアーモンド。アーモンドはシチリアの名産で、甘いけどさっぱりして、おいしいです。

グラニータはそのまま食べてもおしいですが、風味によっては生クリームを添えて食べるものおいしいです。
北イタリアではあまり見かけない、カフェ・フレッド(アイスコーヒー)にコーヒーのグラニータを少しいれたものは、ちょっと甘いけど、グラニータのシャキシャキ感を感じながら飲むのがおいしいです。アイスティーにレモンのグラニータを入れて、レモンティーのようにしたものお気に入りでよく飲んでいます。

100907granita03

レモンのグラニータが入ったアイスティー

そして、グラニータによく添えて出されるのがパンブリオッシュ。
ちぎったパンブリオッシュをグラニータに浸しながらいただきます。グラニータとパンブリオッシュなかなかおいしいのですが、驚いたことに、シチリアの人々はこれを朝食としていただきます。いくら暑いといっても朝からグラニータってちょっとびっくりしたのですが、朝のバールではみんな本当によく食べています。
さっぱりしておいしいのですが、私は朝から体が冷える感じがして、今のところ朝以外に食べる方が好きです。でも、まだ暑い日が続きそうですから、朝食のグラニータもまた試してみたいと思っています。

100907granita02 
真っ白いアーモンドのグラニータ
奥にある小さなポッチがついたパンがパンブリオッシュ

暑い夏にシチリアにいたしたら、おいしいグラニータを食べてくださいね。そして、一度、朝食のグラニータもお試しください。

Categories [チョコレートの街モディカから]

comments.gif

ああ~~~
もう、ものすごく美味しそうですね(>_<)
moconeさんの表現がまた美味しそう~~~ww
濃厚な素材そのものの味も楽しめて涼しくて。
更にイタリアに行きたくなりました~~~~

すごくおいしそうですね!
食べてみたいです!
特にアーモンドとメロンとチョコレート!
スイーツ好きとしてはいつか必ず食べたいです。

こちら日本では朝からすでに猛暑なので、朝食からでも食べれそうです。

早くイタリア行きたい~!

グラニータ、実は食べたことがないんです…(-ω-;)
やっぱり本場のほうが美味しいんですねー!これはシチリアで食べるしかないっ♪
ブリオッシュにはあったかいコーヒーがいいですね~(笑)

しらすさん♪
これまで食べてたグラニータは暑いからおいしいという感じもあったのですが、シチリアのグラニータは本当に美味しいです!!くせになっちゃいます。シチリアに行ったらぜひ食べてくださいね。

砂利さん♪
メロンのグラニータもおいしいですよ。
私が食べたのはシチリアの特産のメローネ・ジャッロ(melone giallo 黄色いメロンという意味)のグラニータです。メローネ・ジャッロは外が黄色、果肉は白いメロンです。そのまま食べてもさっぱりしているけど、甘くて美味しいのですが、グラニータにしても美味しいです。シチリアにきたら試してみくださいね。

farfallinaさん♪
グラニータ食べたことがないのですか?イタリアにいらしたことがあったと聞いていたので、意外でした。
私もシチリアのグラニータと普通のグラニータ?がずいぶん違っていてびっくりしました。グラニータの概念が変わったくらいです。シチリアのグラニータは本当においしいです。(しつこいですね。このブログの記事に何回おいしいって書いてたことか……シチリアグラニータ親善大使状態ですね。)シチリアに遊びに来て、本場のグラニータ味わってくださいね。

日本の暑い夏にもピッタリな感じですね。

是非作ってみたい!!と思いました。
あっ、食べてみたいが先です。

イタリアも行ってみたいです。
店、オープン前に行っておくべきでした。。。
反省。

シチリアのグラニータ!最高ですよね。最近シチリアに行った時に昼にはグラニータばかり食べてました。アーモンドをトーストしたものは今回初めて食べたのですが濃厚で美味しかったです。アーモンドも真っ白なものや、ちょっとトーストした物が混じっているもの、トーストしたものと3パターン試しました。ブログにも少し書きましたがピスタチオも食べましたよ~。
ところで、モディカチョコレートのグラニータですって!?それは食べたことないですっ!食べたい~。
私もシチリアのグラニータの美味しさには感動して何度も絶賛して何度もブログに書いてます。笑

akatsuki_kyotoさん♪
ぜひ、作ってみてください!!そういう、私も食べてるだけですが……
以前、スイカを丸ごと買って、たべきれなくったので、残りをグラニータにしましたが、おいしかったですよ。おいしいパンブリオッシュを焼いて、グラニータと一緒に誰かにご馳走したいですね。

infoitaliaさん♪
先日、infoitaliaさんのグラニータの記事、まとめて読ませていただいたところなんです。ピスタキオ味は少し前に始めて食べましたがおいしかったです。まだローストしたアーモンドのグラニータ食べてないんです。涼しくなる前に食べなきゃですね。

初めまして!!
アリバイ会社 東京をやっているものです!!

いつも楽しく
拝見させていただいています!!

また覗かせていただきます!!

今日も
ハッピーな1日になりますように☆彡

アリバイ会社 東京 さん♪
はじめまして!!コメントありがとうござます。HPみたのですが、アリバイ会社というものをはじめてしりました。いろいろなお仕事があるものですね。勉強になりました。
また、よかったら遊びにきてくださいね!!!

postacomment.gif

about.gif

tomocone.gif

スローな国、イタリアからtomoconeが料理のこと、暮らしのこと、街のことなどなど気まぐれに綴っています。おいしい食材、料理を求めてイタリア各地を放浪。時にはフランス、スロベニアなどの近くの国へも。北イタリア、シチリアを経て、現在は永遠の都ローマで暮らしていますread more......

Totale:
Oggi:

photo.gif

かたつむりの国だよりにアップした写真がすべて見れるPhotogalleryはこちら↓↓↓
photogallery-banner.gif

whereis.gif


より大きな地図で roma を表示

whattimeisit.gif

Japan(GMT +09:00)
Italy(GMT +02:00)

favorite.gif

Le Creuset ソースパン 18cm オレンジ
Le Creuset ソースパン 18cm オレンジ

大好きなルクルーゼのソースパン。キッチンにあるだけで楽しい気分になります。このソースパンでご飯を炊くととってもおいしいです。
Movable Type3.3でつくる!最強のブログサイト
Movable Type3.3でつくる!最強のブログサイト

このブログをデザインするのに参考にした本です。この本のおかげでwebの知識がなくても何とかデザインできました。
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今

州ごとにイタリア料理を紹介している本です。イタリアの地方料理がよくわかります。私はイタリアにこの本を持っていっています。
       
tabtop.gif