« Castello di Miramare | Main | ゴリツィアとノヴァゴリツィア »

Lunedì, 22 Giugno, 2009

森へポルチーニ狩りに

06222009porcini01.JPG

イタリアできのこと言えば、やっぱり、ポルチーニ(porcini)です。
休み明け、お店にいったら大量のポルチーニがありました。
夏から秋ごろまでがポルチーニがとれる季節です。

シェフにポルチーニってやっぱり高いの?と質問したら、
「そうね……kgあたり20ユーロぐらいかしら。でも、これはタダよ。」

「タダ?」

「今朝、フランコ(シェフの夫、オーナー)が森でとってきたのよ。一度つれていってもらったら?」

なんと、この近くの森でポルチーニがとれるそうです。
早速、翌日、フランコについてきのこ狩りに行ってきました。

はじめに行ったのは草原。大草原の小さな家みたいなところです。
森の中だけでなく、草原の中にもポルチーニはあります。

フランコから杖のような木の枝を渡されました。
木の枝で足元をつついて、草原の中に隠れているポルチーニを探しながら前を進みます。
歩き始めてすぐ、フランコが私を呼びました。
茂みの中にポルチーニがありました。自然の姿をはじめてみたのでちょっと感動。

フランコはすぐに見つけますが、私は全然見つけることができません。
群生しているわけでなく、草むらの中に1本ぽつんとあるので、見つけるのはかなり難しいです。

06222009porcini02.JPG

草原を横切って、今度は森へ。
またまた、フランコが私を呼びます。またまた、ポルチーニがありました。私はきのこを引っこ抜く係り。
何とか、自分で見つけたいと、キョロキョロしていると、フランコがみつけたポルチーニの近くにあった!!!
と、思ったら傘がなく、足だけだった……ちょっぴしょんぼり。
フランコに聞いたら、足だけでも問題ないよとのこと。
記念すべき、初めて収穫したポルチーニは傘なしきのこでした。

これはフランコが見つけたポルチーニ。こんな風に1本がぽつんと生えています。

06222009porcini03.JPG 

森の中を進みます。
フランコはポルチーニのある場所が大体わかるようです。
ここからここまではしっかり探すようにとか、草原を歩いていても、ここは枝でつつかなくていいとか教えてくれます。
しかし、言われたところを探してもなかなか見つかりません。

06222009porcini04.JPG 

この穴は前日の夜にcapriolo(ノロジカ)が寝ていた穴だそうです。
きのこ狩りをしているとノロジカの姿をよく見ると聞いていたので、楽しみにしていたのですが、この日は見れませんでした。

06222009porcini05.JPG 

森で見つけたポルチーニいろいろ。
森の中でも草や葉っぱに隠れていて見つけるのは本当に難しいです。
双子のポルチーニもありました。

06222009porcini06.JPG06222009porcini07.JPG06222009porcini08.JPG 

ポルチーニ以外のきのこも色々あります。

左:おいしいのきのこだそうです。いくつか収穫しました。
真ん中:食べれないきのこ。
右:ポルチネッラ(聞いただけなので、正確な名前はわかりません。)という、名前も見た目もポルチーニによく似たきのこ。おいしいそうですが、炒めると色が変色するそうで、お店では使っていません。

 06222009porcini09.JPG06222009porcini10.JPG06222009porcini11.JPG

森の中、草原には栗の木がいっぱい。栗の木の近くでポルチーニはよくとれるようです。
今、栗の花が満開です。

06222009porcini12.JPG

草原を横切って、帰ります。

06222009porcini13.JPG

本日の収穫。2時間ほど森、草原を歩いて、(ほとんどフランコが)見つけました。
私がこの日見つけたのは5個くらい。森は楽しかったし、私的にはまあ満足。

ポルチーニは栽培が難しく、市場に出ているものすべてが自生のものです。
森で1本1本みつけるのは大変なので、値段が高いのは仕方ないような気がしました。

06222009porcini14.JPG 

ポルチーニは生のままスライスしてサラダにしたり、炒めてパスタ、リゾットにしたりといろいろな料理に使えます。
私が特にすきなのはポルチーニのフライ。大きめのものを適当な大きさに切って、パン粉をつけてあげるだけですが、とろけるように美味いです。

お店では、この日から前菜のメニューが増えました。
ぶどうの葉にポルチーニを乗せて、パセリ、チーズ等をまぜたパン粉をまぶして、鉄板でやきます。これはまだ食べたことないのですが、かなり美味しそうです。

06222009porcini15.JPG


日本ではポルチーニはとれないものだと思っていたのですが、どうやら日本でもとれるようです。
和名はヤマドリタケ。日本ではヤマドリタケとよく似たヤマドリタケモドキというものの方が一般的だそうです。
日本のポルチーニのヤマドリタケ、ヤマドリタケモドキも食べてみたいけど、自分で山からとってこないといけないのかな?となると難しそう。

Categories [イタリア生活 ストレーニャだより]

comments.gif

うわー贅沢!
ポルチーニってこんな時期から採れるんですね~

私はプーリア特産のCARDONCELLIが好きでした。

それにしても、いい環境にいるんだなぁ~とうらやましくみてます^^

おいしそ~ヾ(o>ω<)ノ
思わずヨダレが。。。
生のポルチーニがこんなにたくさん…
羨ましいです☆彡

ポルチーニが高いのはそういう理由だったんですねー!
初めて知りました。

あたしは乾燥ポルチーニでがまんがまん。。。

ポルチーニ

素晴らしいです
新鮮で

お料理楽しめますね

もうポルチーニが採れる時期なんですね?!
てっきり秋だと思ってました。
ポルチーニの鉄板焼き美味しそう~

hanaさん♪
そう、もうポルチーニの時期だよ。CARDONCELLIは私は食べたことないです。食べてみたい!!!でも、プーリアに行かないと食べれないよね。
今のお店は料理以外にも学ぶことが多く、とっても楽しいですよ。hanaちゃんもイタリアに来たら、遊びに来てね。

farfallinaさん♪
そう、大変なんですよ。乾燥ポルチーニはとってもおいしい出汁がでますよね。あれはあれで好きです。でも、今まで働いたお店でも生のポルチーニはよく使っていましたけど、乾燥のものを使ったことはないです。これも地域によるのでしょうかね。

ryuji_s1さん♪
ピエモンテのお店でもよく使っていましたが、ここのはとれたてのとれたてです。きのこの状態がとてもきれいですよ。秋までとれるので、楽しみです。

tothuさん♪
私もイタリアに来る前はなんとなく秋だと思っていたような気が・・・・・・6月中旬、下旬から秋ごろまでが旬です。
ピエモンテのどの店でも使っていて、よく掃除をしたけど、とりに行ったのは初めてだったのでかなり感動!!!
きのこを切ると、中に虫がよくいるの。今回は新鮮だからあまり見なかったけど、あれを見るとちょっと気持ち悪くなるけどね。

 前回はありがとうございました。tomoconeさん、わたし前回 tornoconeさんと打ってませんでしたでしょうか?めがねかけていなかったので、お許しを。
 ポルチーニの匂いが駄目な人もいるんですよね。それはドライトマトも一緒でしょうが。白トリュフのパスタはおいしかったです~。
 それにしても、絵に描いたような風景がすばらしいです。ゆっくり、横になりながら本でも読みたくなりました。
 パスタ試してみます!!

こんにちは!
なんとうらやましい! ポルチーニを採りに森に?!
前の記事のスロベニア行きも、拝見しました。これも羨ましい!
以前、トリエステの奥の、オピチーナ、それからタルヴィーシオで、スロベニアとの国境を見ていますが、あのころはまだ、検閲がありました。
今は行ける?!
一度、一泊してスロベニアに行って見たいです。車で。
カポレットの戦場跡と拝見し、なお行きたくなりました。
tomoconeさんは、いつコネリアーノに?

まえすとさん♪
今みたら、tornoconeになっていました。全然気づいていませんでした。そんな感じなので、おきになさらずに。
食べ物に関しては好みがありますから、おいしいといわれているものでも苦手な人はいますよね。白トリュフなんて、大好きよりは苦手であったほうがお財布的にはいかもですね。白トリュフはどちらで食べられたのですか?去年はピエモンテにいたので食べれましたが、今年は食べる機会がないような気がします。

shinkaiさん♪
すいません。7月の中旬にいけたらと思っているのです…・・・。近いうちにお電話させていだきます。
カポレットに行くなら、ぜひ家に来てください。今は一軒家に住んでいて、お部屋もありまよ。お待ちしています。

こんにちは! 再度です。
ええ、こちらにお出かけの件は、急ぎませんから、ご都合の良い時にどうぞ。スロベニアの情報をお聞きしようと思って。

tomoconeさんのブログに、リンクさせて下さいね。次回のアップの時に、少しカテゴリを整理して、皆さんにもご紹介をしようと思っています。 よろしかったら、相互リンクお願いできると、嬉しいです!

気持ち良さそうな草原だね~。
行ってみたいな。
ふらりとこんな場所にいけちゃうなんて、贅沢だな~。

ポルチーニって、スライスされた乾燥のものしか見たことなかったけど、こんなにコロンとしていて可愛いのね~。


shinkaiさん♪
いろいろありがとうございます。 shinkaiさんのブログにリンクしていだけるなんて光栄です。 shinkaiのブログ、写真がきれいで大好きなので、とても嬉しいです。私のブログにも shinkaiさんのブログリンクさせていただきますね。これからもよろしくお願いします。

aomamaさん♪
日本では生のポルチーニは普通の一般市場にはないよね。ポルチーニって、イラストに描いてあるようなかわいいらしい形してるでしょ。でも、成長しすぎて、おおきなものはお化けみたいであまりかわいくないよ。

postacomment.gif

about.gif

tomocone.gif

スローな国、イタリアからtomoconeが料理のこと、暮らしのこと、街のことなどなど気まぐれに綴っています。おいしい食材、料理を求めてイタリア各地を放浪。時にはフランス、スロベニアなどの近くの国へも。北イタリア、シチリアを経て、現在は永遠の都ローマで暮らしていますread more......

Totale:
Oggi:

photo.gif

かたつむりの国だよりにアップした写真がすべて見れるPhotogalleryはこちら↓↓↓
photogallery-banner.gif

whereis.gif


より大きな地図で roma を表示

whattimeisit.gif

Japan(GMT +09:00)
Italy(GMT +02:00)

favorite.gif

Le Creuset ソースパン 18cm オレンジ
Le Creuset ソースパン 18cm オレンジ

大好きなルクルーゼのソースパン。キッチンにあるだけで楽しい気分になります。このソースパンでご飯を炊くととってもおいしいです。
Movable Type3.3でつくる!最強のブログサイト
Movable Type3.3でつくる!最強のブログサイト

このブログをデザインするのに参考にした本です。この本のおかげでwebの知識がなくても何とかデザインできました。
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今

州ごとにイタリア料理を紹介している本です。イタリアの地方料理がよくわかります。私はイタリアにこの本を持っていっています。
       
tabtop.gif