« udineで出会ったうさぎのバレリーナ | Main | 滞在許可証のコト その2 »

Mercoledì, 6 Maggio, 2009

滞在許可証のコト その1

090506permesso01.jpg

今日からしばらく、美しくも美味しくもないイタリアのお話を。

イタリアでの生活をブログに書いている以上、このことは書かなくてはと思いつつ、
知らない人にはややこしくわかりにくい上に、話も長くなるので避けていたこの話を書くことにします。

イタリアに長期滞在する外国人は、入国日から8日以内に滞在許可を申請し、目的に応じた滞在許可証を取得することが義務づけられています。
この滞在許可証のことをイタリア語でPermesso di soggiorno(ペルメッソ ディ ソッジョルノ)と言い、略してペルメッソと読んでいます。
イタリアに住む外国人にとって、とても重要なものなのです。
でも、私はイタリアに2年以上滞在しているにもかかわらず、未だに本物を持ったことがありません。
一体どうなっているのやら……
私のペルメッソのお話をする前に、まず手続きの流れを簡単に書いておきます。
(私が申請した2008年3月時点のものです。)

・ 郵便局等で滞在許可証申請のためのキットを入手し、必要事項を記入し、
 必要な書類を用意し、郵便局に提出する。
・ 所轄の警察署から1回目の召集:本人確認のための手続き(指紋採集、写真提出等)
・ 所轄の警察署から2回目の召集:滞在許可証受け取り
 (学生の場合、有効期間は通常最長1年。2年目以降滞在する場合、有効期限前に更新の手続きをする。)


と、こんな感じです。
最初の写真がそのキットです。

これだけ見るとそんなに難しくなさそうでしょう???
ところがこれがなかな大変なのです。

私の場合、2006年12月末にイタリアに来たときに、1回目の滞在許可証の申請をしました。
その後、2007年8月に学校のあったアンコーナの警察署から1回目の召集がありました。
ところが、その後の召集がなく、本物を受け取ることができないまま、2007年12月末に日本に帰国しました。

その後、2008年3月末に再びイタリアに来ました。
学校が変わったので、前回とは別に新規に滞在許可証の申請をしました。詳しくはこちら。
学生の場合、有効期間は通常最長1年なので、2009年3月末まで有効の滞在許可証を申請したとことになると思うのですが、
2009年5月現在、まだこれを手にしていないのです。
さてさて、どういうことかいうと……

手続きの流れに書いたように、郵便局から申請した後は1回目の召集を待つことになります。
召集の案内は封書、携帯電話のSMSで届きます。
また、滞在許可証の進行状況を確認できるサイトもあります。

2008年3月末に申請してから、しばらくは頻繁にこのサイトをチェックしてました。
しかし、いつ見ても手続き中という表示だけ……
次第に見る頻度は減っていきました。

そんなに長い間、滞在許可証を受け取れないとなると、受け取るまでの期間はどうしたらいいのかということになると思うのですが、
郵便局に書類を提出した時に渡される半券が滞在許可証の代わりになります。
滞在許可証を受け取るまでに時間がかかりすぎるので、半券でもたいていのことは問題なく出来るようなっているようです。
とはいっても、早く手にしてすっきりしたい滞在許可証。
そんな思いとは裏腹に何も進展せぬまま月日は経ち……

申請から10ヶ月以上たった今年1月下旬、
夜中2時ごろに携帯電話にSMSが届きました。 こんな夜中に誰から??と思い、見てみると、
ついやって来た、1回目の召集の案内。

本当に携帯のSMSで来るんだと妙に感心してしまいました。
いやいや、そんなことより肝心の招集日はいつ???

2009年4月9日

私が申請したのが2008年3月末。
くどいようですが有効期間が1年の滞在許可証、
つまり2009年3月末まで有効の滞在許可証を申請しているのに、
1回目の招集日がそれより後とはどういうこと??? (@_@;)

受け取る滞在許可証の期限は一体いつのまでのものになるの??? (@_@;)

さらに大きな問題が前回と違い、今回は2年目のための更新手続きをするのですが……

通常は滞在許可証の期限が切れる前に、更新の手続きをします。
しかし、更新の際に滞在許可証が必要になります。

更新すべきであり更新したいのに、滞在許可証がないから更新できない……(ーー;)

本来であれば、もっと早く発行されるべきものなのでしょうが、
発行するの時間がかかりすぎているため、何がなんだかわからない状態になっているのです。

イタリアの行政への不満はいっぱいありますが、そんなことを言っても仕方がない……
とにかく私の場合どうすればいいのだろう???

滞在許可証のコト その2へ続きます。

Categories [イタリア生活 ビザ・滞在許可証等]

comments.gif

ウ〜ム…( ´∀`)/~~
なんか よう分からんが???
取り合えす要るよね。
そこで質問、働く時 アパート借りる時「見せて」言われないの?

こんにちは☆
最近は指紋も採られるんですねー。
あたしが申請した2004年には
指紋採取はなかったような。。。
勘違いかな??

あたしは語学学校が半年だったのでペルメッソも半年でした。
当時のフィレンツェでは申請から2ヵ月後くらいに受け取れたと思います。
『書類が足りない』とか言われたらどうしよう、と不安でいっぱいだった記憶があります。
ほんとにヒヤヒヤしますよね。。。

きじむなさん♪
やっぱりわかりませんよね……すいませんです。
働くときには、以前は半券がないと契約できなかったと聞きますが……現在は半券でも契約できます。これもややこしいですよね。ブログにも書きましたが、半券というのは滞在許可証を申請した時点で渡される引き換券のようなものです。申請してもそれが受理されるかどうかは別ですから、本来は滞在許可証とは違うものなのですが、半券でたいていのことは問題なくできます。滞在許可証を発行するまでに時間がかかり過ぎているからこうなったのではないでしょうか?
住居はどうなんでしょうね。私の場合いつもお店が用意してくれるで……でも契約できないと困ると人いっぱいいますよね。

farfallinaさん♪
多分指紋を取るようになったのは今の郵便局経由のシステムになってからじゃないかと思います。(確かな情報ではありません。)
2ヶ月くらいで発行してくれないと意味ないですよ。そう、この手続きだけは本当にどきどきはらはらでいやになります。

先月、10年ぶりに新しいパスポートの申請をしたのですが、その簡単さにビックリ。
私が最初にパスポートを取ったのは、もう20年ぐらい前で、その時は本当に一日がかりだった記憶があります。その後も3年とか、5年とかのものを更新し、前回は10年のパスポートだったので、本当に久々にやったんですよ。
そしたら、もう本当に書類の記入ミスや記入漏れさえなければ、3分もかかりませんでした。
そういう国から行くと、イタリアのアナログと言うか、そのシステムの複雑さと複雑なのに、穴だらけって言うのに驚かざるを得ませんね。
それも、きちんとしている人が待たされて、密入国の人がウヨウヨいる。本当に先進国なんだろうか?って思うときがあります。

がっちゃんさん♪
そういえば私も去年10年ぶりにパスポートの更新しました。たしかに、すばやかったですね。パスポートセンターの窓口、かなりたくさんの人が並んでますけど迅速に処理されてますよね。う~ん、イタリアはその辺りは……おかしいですね。この国は大丈夫なんだろうかと疑問におもいます。

日本のサービスは世界一だと言われるくらいだから、日本に慣れてしまっているとそちらではハラハラすることが多そうだね。
それにしても、どうなるんだろうね・・・。

aomamaさん♪
日本じゃ考えられないよね。日本はサービスが良すぎるぐらいかもしれないけど、イタリアの場合はちょっとひどすぎるのではと思うよ。

postacomment.gif

about.gif

tomocone.gif

スローな国、イタリアからtomoconeが料理のこと、暮らしのこと、街のことなどなど気まぐれに綴っています。おいしい食材、料理を求めてイタリア各地を放浪。時にはフランス、スロベニアなどの近くの国へも。北イタリア、シチリアを経て、現在は永遠の都ローマで暮らしていますread more......

Totale:
Oggi:

photo.gif

かたつむりの国だよりにアップした写真がすべて見れるPhotogalleryはこちら↓↓↓
photogallery-banner.gif

whereis.gif


より大きな地図で roma を表示

whattimeisit.gif

Japan(GMT +09:00)
Italy(GMT +02:00)

favorite.gif

Le Creuset ソースパン 18cm オレンジ
Le Creuset ソースパン 18cm オレンジ

大好きなルクルーゼのソースパン。キッチンにあるだけで楽しい気分になります。このソースパンでご飯を炊くととってもおいしいです。
Movable Type3.3でつくる!最強のブログサイト
Movable Type3.3でつくる!最強のブログサイト

このブログをデザインするのに参考にした本です。この本のおかげでwebの知識がなくても何とかデザインできました。
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今

州ごとにイタリア料理を紹介している本です。イタリアの地方料理がよくわかります。私はイタリアにこの本を持っていっています。
       
tabtop.gif