« パリで散歩 | Main | イタリアのはしっこ フリウリへ »

Giovedì, 8 Gennaio, 2009

Boun Anno 2009!!

01082009mirabelle01.jpg


新年あけましておめでとうございます!!!

気がつけば、イタリア生活も1年半以上経ってしまいました。
イタリア語はまだまだ全然だめだし……料理のお勉強もまだまだ……
新しい年になりましたし、気持ちを入れ替えてがんばります。
そんなわけで今年もよろしくお願いいたします。

新年にふさわしい写真をと思ったのですが、そんな写真もなく、

悩んだ末に選んだ今年はじめの写真は、
昨年の夏に出会ったミラベルの木です。

前回のブログ記事で紹介したミラベル。 詳しくはこちら→ パリで散歩
私はイタリアでミラベルを売ってるのは見たことないので、
次食べれるのはいつかな~なんて思っていました。

ところが……
イタリア、ピエモンテで偶然ミラベルの木に出会いました。

パリ旅行のあと、お世話になっていた小さなトラットリア。
そのトラットリアがある村に実をいっぱいつけたミラベルの木がありました
ほら、もうちょっと熟したほうがおいしいそうだけど、ミラベルでしょ。

01082009mirabelle02.jpg

ミラベルを見つけた私は嬉しくて、お店のみんなにあの木ミラベルだよね!!!って、
聞いても、そんなのあったけ???という返事。

私はお店の上に住み、休み時間に村をぶらぶらしたりするのですが、他のみんなは車で隣町からやってくるので、ミラベルの木には気づいてないみたいでした。
少しだけ食べてみたら、とってもおいしかった。

このミラベルの実でジャムとか作る人いるのかな???
もし…もし…誰も何もしないのだったら、私が作りたいよ~。
私がこの村を出るときにはまだいっぱい実はついてました。
どうなったのかな???

01082009mirabelle03.jpg

01082009mirabelle04.jpg

Categories [イタリアのおいしいもの いろいろ]

comments.gif

明けましておめでとうございます。
寒いんでしょうね・・プリオッカ。
私は2ヵ月後の帰国に向けて少しソワソワしてます。
ミラベルって確かに見かけないです、色からしてビワみたいなものなのかな?
もしくはプルーニャ?

明けましておめでと~。
イタリアで新年を迎えたのね。
イタリアの新年に決まって食べるものってあるの?
今年もイタリアの話、tomoconeの話、楽しみにしてるね。

tothuさん♪
ミラベルはプルーニャの一種だよ。でも、もうちょっと小さい。
イタリアじゃみないよね。
おいしのにな~

aomamaさん♪
イタリアのお正月はザンポーネ(豚の足にお肉等をつめたサラミ)とレンズ豆の煮込みを食べるところが多いみたい。
レンズ豆はコインに煮てて、これを食べるとお金持ちになれるからとか。日本の御節料理みたいだよね。
でも、ザンポーネは豚の足そのままで、なかなかグロテスクです。
私も学校で使った依頼食べてないし、調理もしたことないな~。
今年もよろしくね。

postacomment.gif

about.gif

tomocone.gif

スローな国、イタリアからtomoconeが料理のこと、暮らしのこと、街のことなどなど気まぐれに綴っています。おいしい食材、料理を求めてイタリア各地を放浪。時にはフランス、スロベニアなどの近くの国へも。北イタリア、シチリアを経て、現在は永遠の都ローマで暮らしていますread more......

Totale:
Oggi:

photo.gif

かたつむりの国だよりにアップした写真がすべて見れるPhotogalleryはこちら↓↓↓
photogallery-banner.gif

whereis.gif


より大きな地図で roma を表示

whattimeisit.gif

Japan(GMT +09:00)
Italy(GMT +02:00)

favorite.gif

Le Creuset ソースパン 18cm オレンジ
Le Creuset ソースパン 18cm オレンジ

大好きなルクルーゼのソースパン。キッチンにあるだけで楽しい気分になります。このソースパンでご飯を炊くととってもおいしいです。
Movable Type3.3でつくる!最強のブログサイト
Movable Type3.3でつくる!最強のブログサイト

このブログをデザインするのに参考にした本です。この本のおかげでwebの知識がなくても何とかデザインできました。
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今

州ごとにイタリア料理を紹介している本です。イタリアの地方料理がよくわかります。私はイタリアにこの本を持っていっています。
       
tabtop.gif