« Tanti auguri 2013!! | Main | Cortina D’ampezzo »

Martedì, 1 Gennaio, 2013

Capodanno

    

capodanno
お正月みなさんいかがお過ごしですか?
イタリアは特にお正月は特別なこともなく、私は普通に元旦を過ごしています。
でも、12月31日の夜、新年に変わる瞬間はとてもにぎやかです。

もうイタリアで何回か大晦日を過ごしていますが、ほとんど仕事をしています。
大晦日の夜の食事、晩餐のことはcenone(チェノーネ)といいます。通常の夕食のことはcena(チェーナ)と言うのですが、cenoneと言うのは大きなcenaと言う意味です。
私が働くレストランでは今回のcenoneは豪華なバイキング方式。かなりたくさんの種類の料理を出しましたが、結構みなさん食べていただいたようでよかったです。きれいなドレスを着たお客さんが多く、とても華やか雰囲気でした。

そして、12時になると、ボンボンって、外から新年を祝う爆竹や花火の音が高々に聞こえてました。外に出るときれいな花火が。

IMG_3043IMG_3046

12時になったら、コテキーノ(豚ミンチの腸詰)とレンズ豆の煮込みをお客さんに出します。
他の料理はもちろん、デザートもうでいていて、基本的にほとんどのお客さんがこの時間に食事は終了しているのですが、このお料理は年越してから?カウントダウンを待ちながらかな?とにかく、新年を祝って食べるものらしいです。
私たちもこの料理を出す以外の仕事はずっと前に終わっていたのですが、これを出すために厨房に残っていました。

IMG_3054
IMG_3053
厨房のみんなと新年を祝って乾杯しながら、私もいただきました。
レンズ豆は形がお金に似ている(似ているのかな?)ことから、お金こまりませんようにとか、お金持ちになりますようと言う願いをこめて食べるそうです。意味は少し違うけど、日本で年越しそばを食べるのと似ていますね。

IMG_3055


仕事の合間にグッリーシニでちょっと遊んでみました。

IMG_3041

Categories [ローマ]

comments.gif

Felice nuovo anno !
明けましておめでとう 大晦日のレストランの厨房風景、興味あります。お疲れ様、よい新年でありますように祈っています。

Felice nuovo anno !
明けましておめでとう 大晦日のレストランの厨房風景、いいですね~興味あります。お疲れ様、2013年素敵な年でありますように祈っています。

Auguri!!!
あけましておめでとうございます。

今年も素敵なイタリア楽しみにしています。
年越しはイタリアで過ごしたことがない私。
レンズ豆に花火…いつか体験したいなぁ。

今年もよろしくお願いします。

前回コメント同じものが二回入ってしまってごめんなさい。

tomocone さん、こんにちは。本年もよろしくお願いいたします。

花火とチェノーネの年越しっていいですね。楽しそうで美味しそうで、羨ましいです。
ウチは、ふつうに、お蕎麦だけの年越しでした。

===
久しぶりになりますが、旅行の続きを書かせて頂きます。

次の日はマザーラを離れる日でした。
前夜のクスクス、前日の朝食、前々夜のピッツァ等で、お腹に空きが全くありません(前日の昼は全く食べていません)。しかし、B&Bの朝食は、昨日以上に充実していました。
結局、ほとんどを包んで頂き、持っていくことにしました。とても濃くて美味しいコーヒーも、1杯しか飲めず、とても残念でした。

この日は、パレルモで宿泊予定です。
マザーラの駅で切符を買う時、切符売り場のお姉さんが「ノー・ビチ?」(今日は自転車無いの?)と聞いてきました。覚えていてくれて嬉しく感じましたが、やはり、2日連続の東洋人は目立ったようです。
時刻表によると、ここから、ピライネート行に乗って、そこで乗継時間30分でパレルモ行に乗り換えるようです。列車は時刻表通りに来て、順調に進んでいきました。
2日前に通ったアルカモ・ディラマティオーネの駅では、その時、子どもと遊んでくれた犬が見えました。やはり住んでいるようでした。
やがて、ピライネートが近づき、車掌さんも乗換のことを言いに来てくれたので予定通りと思っていましたが、駅に着くと他のお客さん達が、皆、小走りで乗換通路へ向かっていきます。「イタリア人って、せっかちだったっけ?」と思いながら、一応、私たちも小走りでついていったら既に列車が停まっていて、お客が乗り終わると直ぐに出発したのでびっくりしました。
ただ、確かにパレルモ行なので問題は無かったのですが、パレルモ駅に着いて、時刻表を見ても、乗ってきた列車は掲載されていませんでした。何が何だか分かりませんでしたが、結果的に、予定より30分早くパレルモに着けたのは幸運だったと思います。

パレルモ駅から徒歩5分の、5年前にも泊まったホテルに(子どものリクエストで)チェックインして、直ぐに街へ出ました。州都だけあってかなりの交通量で、しかも車の運転が荒く、また、信号の無い横断歩道も、全く停止してくれません。とにかく地元の人にくっついて渡っていました。

先ず現金を確保するために銀行を探しました。駅の構内にもATMはあったのですが、セリヌンテのことがあったので、今回は銀行のATMで下ろすつもりでした。そして、やっと見つけた銀行に入ろうとしたら、守衛みたいな人に止められました。時刻は13時半です。
更に、中からお客が次々と出てきて、その人たちからも「入れない」と合図されました。13時半は昼休みなのでしょうか?そうであっても、中に居た客まで出されるのには驚きましたが、反対に、閉店であっても出されない日本の銀行の方がおかしいのかもしれませんね。

その後もATMを探したのですが、不思議なことに、他の町ではいたる所にあるATMが、パレルモの街中では全く見つかりませんでした。治安の問題かも? と思ってしまいました。

結局、現金は諦め、観光に興味の無い子どもに合わせて、海を目指しました。迷路状の道を迷いながら(柵の彫刻がグロテスクな公園=マリーナ広場=が面白かったです)進んで、最後にはフォロ・イタリコ(大通り)と海岸の間の大きな広場に出たので、そこで遊んで過ごしました。地元の家族連れでいっぱいでした。

その後、州立美術館の側を通って、宿へ戻ったのが16時過ぎ。この日は、歩き疲れ+遊び疲れて、そのままホテルに居ました。宿の客ノートを見ると、(ガイド本に載っていない安宿ですが)ちらほらと日本語の書き込みがあって面白かったです。

夜中のパレルモは、パトカーか救急車のようなサイレン音が絶え間なく鳴っていて、とても賑やかでした。宿の中で聞く分には、「これもパレルモっぽい」と感じましたが、外は怖いでしょうね。

翌日は、一気に、スロベニア国境のゴリツィアへ移動する日です。朝食後、せっかくのパレルモなので1か所だけでも観光地に寄ろう、と思い、クアトロ・カンティの四つ角に行きました。朝の日光が低いので、有名な彫刻は日陰で見難かったですが、既に馬車が待機していたりと、観光地っぽい雰囲気を味わえました。そして、急いで駅へ向かいました。

駅では少し時間があったので、駅前のお気に入りのバールで、またアランチーニを買って、その後、思い切って、駅構内のATMでお金を下ろしてみました。今回は現金(故障が怖かったので、一昨日の半額の€50)が出てきてホッとしました。

===
この後は、以前、ご報告した、『座席』ハプニングの重量級(指定席のある6号車自体が連結されていなかった)につながります。列車本体も途中で遅れましたが、何とか、ローマ・テルミニ駅で、トリエステ行寝台列車に(発車50分前に到着)乗り継げました。
次回は、いよいよ、ノヴァゴリツァのご報告が出来そうです。

Atreilさん♪
大晦日の厨房は普段よりのんびりしていました。大晦日のメニューは決まっているので、仕事は楽なんです。一通り料理を出したら、みんなでワインで乾杯したり……逆に、普段の営業ではいろんな注文がきますから、バタバタしています。
今年もよろしく御願いいたします。

miwaさん♪
あけましておめでとうございます。
大晦日のローマの夜はとてもにぎやかでした。
でも、ちょっと汚かった。街の中心では新年を祝ってのんだビールやワインの空き瓶の割れた破片があちこちに。みんな飲み終わったあとの瓶を割ったみたいで、破片だらけでした。
31日に街頭に花火や爆竹を売る屋台がでていたのがおもしろかったです。
ことしもよろしくおねがいいたします。

takeさん♪
あけましておめでとうございます。
パレルモでの交通はすごいですよね。私も正直ちょっと怖いです。街も汚い箇所(落書き、崩壊した建物、ごみ等)も多くて……でも、おもしろい街ですよね。
ATMはどこの街にもたくさんあるんですけど、私も探しているときには意外と見つからなかったりします。
この後、シチリアから一気にゴリツィアへ移動したんですね。すごい大移動!!旅のつづき楽しみにしています。
今年もよろしく御願いします。

遅くなりましたが明けましておめでとうございます!

イタリアにも年越しそば的なものがあるのですね。
勉強になります。

今年も素敵な写真などなど楽しみにしています!

砂利さん♪
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
昨年も当ブログにいつもコメントしてくださってありがとうございます。
今年はもう少し更新回数を増やせたらと思っていますので、また遊びにきてくださいね。

レンズ豆とコテキーノ、年越しそば的もので、おもしろいですよね。コテキーノのかわりにザンポーネを食べる地域もあるようです。こちらは豚足にコテキーノの中身をつめたもので、ちょっとグロテスクかも。

ことしもよろしくおねがいします。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

お元気そうでなによりです。
煮込み料理、美味しそうですね♪

私の方は、最近、ちょこちょこと料理をしています。
ローストビーフとかテールを煮込んでシチューにしたり...牛ばっかりですが(^_^;)
年末に鰹節と鰹節削り器を買いまして、そばとか雑煮の出汁に使いましたが、美味かったです♪

では、また遊びに来ますね。
お体に気をつけて。
写真も楽しみにしていますよ。

中島さん♪
あけましておめでとうございます。
お元気ですか?
中島さん、お料理されるんですね。テールシチューやちゃんとした鰹節をつかったお出しって、本格的ですね。おいしそう、食べたくなってきてしまいます。

ことしもよろしくおねがいします。

postacomment.gif

about.gif

tomocone.gif

スローな国、イタリアからtomoconeが料理のこと、暮らしのこと、街のことなどなど気まぐれに綴っています。おいしい食材、料理を求めてイタリア各地を放浪。時にはフランス、スロベニアなどの近くの国へも。北イタリア、シチリアを経て、現在は永遠の都ローマで暮らしていますread more......

Totale:
Oggi:

photo.gif

かたつむりの国だよりにアップした写真がすべて見れるPhotogalleryはこちら↓↓↓
photogallery-banner.gif

whereis.gif


より大きな地図で roma を表示

whattimeisit.gif

Japan(GMT +09:00)
Italy(GMT +02:00)

favorite.gif

Le Creuset ソースパン 18cm オレンジ
Le Creuset ソースパン 18cm オレンジ

大好きなルクルーゼのソースパン。キッチンにあるだけで楽しい気分になります。このソースパンでご飯を炊くととってもおいしいです。
Movable Type3.3でつくる!最強のブログサイト
Movable Type3.3でつくる!最強のブログサイト

このブログをデザインするのに参考にした本です。この本のおかげでwebの知識がなくても何とかデザインできました。
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今

州ごとにイタリア料理を紹介している本です。イタリアの地方料理がよくわかります。私はイタリアにこの本を持っていっています。
       
tabtop.gif