« クリスマスのイエジ | Main | castinoでちょっとクリスマス »

Domenica, 31 Dicembre, 2006

アルバへ出発

061223eurostar.jpg


Sabato, 23 Dicembre, 2006

いよいよアルバへ向けて……と、その前に昨日のペルメッソの続きのため郵便局へ行ってきました。
書類とパスポートを郵便局の人に渡して、料金を支払うだけ。
すぐに終わりました。こんなにすぐに終わることなら、昨日してくれればいいのに!!!

手続きも無事すみ、イエジに別れを告げてアルバに向かいました。
イエジからアルバへはなんと、列車で8時の旅。10:32の列車に乗って、着くのは18:45、
リミニ、アスティと途中2回も乗り換えがあります。

駅で切符を買いましたが、なぜかリミニからアスティまでの座席の予約ができません。
あまり深く考えなかったのですが、この理由は後になってよ~くわかりました。

まずはイエジからリミニまで。列車は上の写真のかわいいユーロスターです。
このユーロースター、旧型のものでここの路線にしかもう走ってないといううわさです。
イエジから2時間弱でリミニに到着、ここで1時間ほど待ちリミニ行きの列車が到着しました。
ドアが開いた瞬間、びっくり。
列車の中は通路、出口までびっしり人が……
ここで、ようやくさっきの座席の予約ができないという意味がわかりました。
そう、満席だったのです。

そうして、以前ともだちが言っていたことを思い出しました。
クリスマス前のこの時期イタリア人は大移動すると……
どうやら、日本の帰省ラッシュと同じようです。

それにしても大変な時期にやってきてしまいました。
何とか列車の中に入ることはできましたが、前にも後ろにも行くこともできません。
リミニから次の乗り換えのアスティまで約4時間もあるのに……

大きな駅につくと降りる人はたくさんいますが、乗ってくる人も多く、結局何もかわりません。
イタリア人は国内の移動だと思うのですが、なぜかみんな私と同じもしくはもっと大きい荷物を持ってます。
中に何が入っているのでしょうね。

何とか、途中から補助席に座ることができてほっつとしました。あまり座り心地がいいものではありませんが、立っているよりはましです。

ようやくアルバに着くと、スタージュ先の店主マルコが迎えにきてくれていました。
宿に連れて行ってもらい、すぐにお店へ。
初日なので、見るだけいいということで本当に見てるだけでした。

お店が終わって、びっくりしたのが明日から3日間、お店はクリスマスでお休みだそうです。
そして、31日~1月2日までの3日間もお休み。
さらに、2月はまるごとフェリエ(長期休暇)でお休み。
やっぱり、クリスマスとお正月休みなんだ……そんな気もしてたんだけど……

まあ、1年イタリアにいたらいつかは体験しなきゃいけないし仕方ないか。
とはいっても、ついてそうそう休みとはどうしましょう???

*このブログは2006/12/23に書いたものです。
Categories [いろいろ]

postacomment.gif

about.gif

tomocone.gif

スローな国、イタリアからtomoconeが料理のこと、暮らしのこと、街のことなどなど気まぐれに綴っています。おいしい食材、料理を求めてイタリア各地を放浪。時にはフランス、スロベニアなどの近くの国へも。北イタリア、シチリアを経て、現在は永遠の都ローマで暮らしていますread more......

Totale:
Oggi:

photo.gif

かたつむりの国だよりにアップした写真がすべて見れるPhotogalleryはこちら↓↓↓
photogallery-banner.gif

whereis.gif


より大きな地図で roma を表示

whattimeisit.gif

Japan(GMT +09:00)
Italy(GMT +02:00)

favorite.gif

Le Creuset ソースパン 18cm オレンジ
Le Creuset ソースパン 18cm オレンジ

大好きなルクルーゼのソースパン。キッチンにあるだけで楽しい気分になります。このソースパンでご飯を炊くととってもおいしいです。
Movable Type3.3でつくる!最強のブログサイト
Movable Type3.3でつくる!最強のブログサイト

このブログをデザインするのに参考にした本です。この本のおかげでwebの知識がなくても何とかデザインできました。
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今

州ごとにイタリア料理を紹介している本です。イタリアの地方料理がよくわかります。私はイタリアにこの本を持っていっています。
       
tabtop.gif